お客様&アスリートの声

Carbonio G.F.Tのカーボンフィンは、ブレードの形状、硬度から、組み合わせるフットポケットの種類に至るまで多種多様な組み合わせパターンが存在します。

 

これらはひとつひとつ異なった性格、フィーリングを持っています。

使用感の違い等については、使用者の体重、脚力、フィンワーク、持久力やフィールド、シチュエーション等の違いによって個人個人で感覚が違うという事をご理解の上で参考にして頂けましたら幸いです。

 

また、当店ではより多くの方からの意見を元に、正確で多様性に富んだ製品インプレッションを随時掲載していきたいと考えておりますので、当店よりCarbonio G.F.T社のカーボンフィンをお買い上げいただいたオーナー様には、ご使用後に是非とも感想をお聞かせください。

 

尚、製品インプレッションへのご協力につきましては、メール:info@spearfishingworks.comまたは、お問合せフォームより、ご使用中のモデル、ブレード硬度、フットポケットの種類、サイズ、履物(例:3mmミューブーツ27cmなど)、オーナー様の身長、体重、使用感、着用感等を合わせましてご連絡頂けましたら幸いです。

ダウンロード
Carbonio G.F.T SUB - カーボンブレード硬度チャート
Carbonio G.F.T SUB - Carbon Blades Chart
Adobe Acrobat ドキュメント 222.2 KB

Alpha/アルファ

Impression by フリーダイバー岡本美鈴選手

着用フィン:アルファ+パトス/ファイアブレードフットポケット38/40

ロングフィン・・柔らかいのは、パワーでなくてどうかなぁと、多少硬めで手応えが欲しいものだと思っていたのですが、ソフトブレードはキックの蹴り幅をさらに少なめにできる。

この写真ではフルで息を吸って、ウエイト無しで潜っているところ。
龍ちゃん(篠宮龍三選手)に見てもらいフィン先がしっかり水を蹴りきっていることも確認しました。ダッシュする加速には向いてないかもしれませんが、楽に水中を潜れそうです。

Carbonio G.F.T SUB ITALYは、人魚ジャパン/フリーダイバー岡本美鈴選手を応援しています!!

Special Thanxx... PH&EDIT by Ryuzo Shinomiya/Apnea Works


アルファ・カーボンフィンが届きましたので早速テストしてきました!

 

まずは、その軽さに驚いたのと、水平移動、浮上スピードもサルヴィマールのブームブラスト・カーボンフィンとは比べ物にならなくて非常に満足しています。

 

もう二度と以前のカーボンフィンを履くことは無くなりそうです。

 

今までのフィンでは、深い場所からの浮上時にパワー不足を感じていましたが、これなら20メートル付近での勝負も以前より余裕を持ってやり取りできそうです。ありがとうございました。


キジハタ Carbonio G.F.T - アルファ
キジハタ Carbonio G.F.T - アルファ

 

Carbonio G.F.Tの集大成、アルファ カーボンフィン+パトス フットポケットの感想です。

 

フィッティングは、44/46サイズに3mmフルフットフィン専用ブーツ(カイルブーツ)27cmで合わせて適切な着用感です。パトスのフットポケットはやや甲が低い作りですが、ゴム自体が薄く柔らかい(伸びる)ので着用にあたってはジャストサイズでもストレスを感じることがありませんでした。

 

省エネルギー性能とパワーを併せ持った唯一の翼。

水中では非常に柔らかく、長時間着用しても全く疲れないのにパワーがある。

潜行、浮上/縦潜りでは、-20mからでも楽々浮上できます。

横移動ではブレードの長さは全く気にならず、重量、抵抗ともにストレスフリーです。

 

これまで様々なカーボンフィンを使用してきたうえでアルファは近代カーボンフィンの完成形だと実感しました。

 


Aero/エアロ

フィンをガラ2000HFからエアロ/ミディアムに変えてとても水面移動が楽になり長時間海に入れるようにはりました。ありがとうございます。ヤイトハタは、132cm/41kgでした。


ラッキーな出逢いで根に入られることもなく手銛の7mm押し棒が曲がりましたがラインやゴムのブレイクもなくフロートラインのやりとりであげることができました。


エアロ/ソフト+スリッパーズ・フットポケット

 

足のサイズは実寸で25cm、普段の靴は27cmでゆったり。

クレッシーのガラ2000HFは42/43で素足でピッタリ、3ミリソックスで少しキツメ。


GFT/スリッパーズ・フットポケットは44/45、KAIL/フルフットフィン専用ブーツ26cmは足にジャストフィット!!この組み合わせ合わせだと少しキツメ。


スリッパーズは、素足ブカブカ、3ミリソックスはゆったり、5ミリソックスはジャストフィット、ガルのMEWブーツⅡ26cmはキツいといった感じです!!


身長178cm/体重71kg、5㍉ロングジョン+5㍉フードつきでウエイト10キロでの使用感ですが、触った感じは思ってたより凄く柔らかく今までのフィンとは全然違いました。横移動はずっと蹴りっぱなしでいけるくらい楽でよく進みます!!


縦潜水はゆったり漕げるので余分な力を使わず浮上は蹴りこめばそれなりに応えてくれました。


ユーザー:島の漁師さん


身体スペック170cm/64kg脚力有りでの着用です。ブレードは裏面レッドカモの特注品仕様。フットポケットは、SALVIMAR/デルタワンでセットアップ。

 

ブレードは、O.ME.R/スティングレイカーボン25よりも若干硬さを感じます。しかし、水中ではそれほど硬さを感じさせず非常に優れた推進力を持っているフィンだと思います。

 

-25mからの浮上では、素晴らしいくらいに一蹴り一蹴り、しっかりと上がります。一旦ボートに揚がり、スティングレイに履き替えて同じ事をしてみたところ、ボトムからの漕ぎ始めの2~3蹴りが全然違いました。深場を攻める人なら、この違いを明確に感じ取れるはずです。

 

 「速い!とにかく速い!」

 

足への負担は私には気にならず丁度良い感じでした。フィンに推進力を求める方は試してみる価値があると思います。個人的にはかなり気に入りました。エアロは、最高のカーボンフィンのひとつだと実感しています。

 

追記: 潮流のある状況下(止まっていると一瞬で3~4m流される位の流れ)でO.ME.R/スティングレイカーボン25を履いた友人と水面移動レースを実施したところ友人との差は、歴然。向こうは100%の力でフィンを漕ぎ、私は八割程度の力で水面移動を行いましたが、その水面移動のスピードは比べものになりませんでした。エアロ/ミディアムは、適度な柔軟性の中に潮流を突き抜けるパワーを持ちあわせたフィンだと実感しました。


ユーザー:Syouji Kojima/セニョール

 

身体スペック168cm/69kgでの着用です。フットポケットは、SALVIMAR/デルタワンでセットアップ。  このフットポケットを使用する場合サイドアームを任意の位置で切り落とすことでブレードの弾性にある程度の幅を持たせることが出来ます。今回はサイドアームを20cm切り落としてみたところ、水中での使用感がおよそ三割程度柔らかくなりました。この状態では潮の流れがある水面移動時には、若干力強さに物足りなさを感じるものの、縦潜りでは非常に良いパフォーマンスを得ることが出来ました。



Apnea97/アプネア97

ユーザー:島の漁師さん


170cm/64kg脚力有り、ブレード硬度はミディアムを使用。ブレードの長さに比例して水を掴む面が大きい分、水面移動では脚に負荷がかかります。(硬いではなく、重い、もっさりという感じ)

反面、縦潜りは非常にパワフルです。同社のフラッグシップモデル『Aero/エアロ』と比較すると体感で約1.5倍ほどの浮上能力があると感じました。浮上時はあまり力を使わずにグングンあがっていけます。

ブレードが長いのでフィンキックをしたときにブレードが伸びきるまでにタイムラグが生じる点が特徴的です。フィンワークは、右・左とひとつひとつ丁寧に大きく行うとブレードは美しい弧を描きます。
水中やボトム周辺での横移動、待ちは、ブレードの長さを気にすることなくスムースに行うことができました。


 このフィンは
ボートエントリー等、長距離の水面移動を必要としないようなシチュエーションで深場を攻めるのに最適なフィンだと思いました。

Bassofondo/バッソフォンド

ユーザー:フォトグラファー/スキューバダイバー

バッソフォンド、よかったです。セミロングは、急な方向転換などで扱いやすいです。また軽くて短いので海外にもっていくのに便利です。
ゴムフィンやプラフィンよりも僕の好みですが、カーボンの良さはやはりロングフィンで出ると思います。パワーについては、セミロングより明らかにロングフィンのほうがすぐれていると思います。横泳ぎより、潜行浮上時にその違いを感じます。デルタワンの脱着とフィット感がとても気に入っています。薄い ソックスを使用するつもりでしたが、素足でもかかとの接触がソフトなので全然OKでした。