安全対策に!フロートアンカー新入荷!

本日、新製品のフロートアンカーが入荷しました。

当製品を用いたフロートシステムは、日本で主流となっている磯場エントリーの魚突きに最適です。当店が提案する【フロートアンカーシステム】が皆様の安全管理の一助になれば幸いです。

SPEARMASTER/フロートアンカー

 

潮流対策に!魚突きの安全管理に最適なフロートアンカーです。

スピア中のプラットフォーム確保に!ピンポイントのマーキングに!【フロートアンカーシステム】のススメ!

 

材質:ステンレス

形状:四ツ爪

 

<フロートアンカーの使い方>

通常、フロートシステムを引っ張っりながら泳ぐ際、フロートアンカーはブイにぶら下げておきます。(マグロフックやカラビナに取り付けておくと取り回し良く非常に便利です)

 

お目当てのポイントや雰囲気の良い場所へ到着したら、手銛またはスピアガン側に連結しているフロートラインのマグロフックを取り外し、フロートアンカーと連結してから投錨します。この時点でフロートシステムのユニットは、手銛またはスピアガンと隔離され海上でのプラットフォームになります。

 

*アンカーを打つ際のフロートライン長さは、余裕をもって水深の1.5倍程度とるようにしてください。底質がフラットな場合、その日の潮が速い場合、波が高い場合、潮汐による干満の差が大きい場合にライン長を十分に確保しておかないとアンカーが外れてフロートが流されてしまいますのでご注意ください。

 

当製品をフロートシステムに組み合わせて使用すると?

 

◎濁りのあるシチュエーションでもお目当てのポイントを見失わずに済みますので大変効率良く潜ることが出来ます。(フロートラインを辿って潜行すれば視界が悪い条件下でも簡単にピンポイントへ到着します)

 

◎常にフロートシステムを引っ張っりながら、泳がなくて済みますので疲れにくいです。(特に魚を多く獲った場合など)例えば、ポイントAにアンカリングしてその周辺を潜り、移動の際は一度アンカーを揚描して次のポイントBへ移動するといったフローを繰り返します。

 

◎深場を攻めるシチュエーションをはじめ、潜行時にはフロートシステムの抵抗を一切受けずフリーの状態で潜る事が出来るのでディープスピアにも最適です。

 

◎潮の流れが速い時には、ブイに捕まり、その場に留まることが出来ます。周囲に瀬など捕まる場所がなくても流れる海上で息を整える事ができます。瀬際の潮流に捕まってしまい、どうしても流れに逆らって泳げない場合は、フロートアンカーを単体で手に持って手カギで岩礁帯を掻くようにして進むのも大変有効です。

 

特に潮流の速い場所で泳ぐ際には、危険が伴いますので当製品を携行して安全(対策)に十分配慮してください。

 

¥6,000